2016年07月04日

Flight Cancell

06:50のフライト、LAでサンディエゴへの乗り継ぎ13時間、一旦市内に出て38年前の思い出に浸ろうと思っていたら、まさかのフライトキャンセル。振替は08:45発のダラス乗り換え、LAで友人に会う約束があると言ったら、あっさり電話しとけと言われた、しかも遅延予定で、乗り換え時間がわずか1時間、スーツケース一旦受け取って入国審査、間に合うのでしょうか?
image-7d179.jpeg
セキュリティが厳しいのでフライト予定の3時間前04:00に到着、ダラス便まで4時間もある
こんな時楽天ゴールドカードに付いているプライオリティパスが役に立つ。早朝からラウンジが使え、軽食とWiFiが助かる。寝過ごすといけないのでしっかり目覚ましセット
posted by Febrero at 19:04| Comment(0) | 北アメリカ

Last Dinner in Mexico

食欲は無いが何か食べなくてはいけない。比較的あっさりした、チーズ挟みのトルティーヤimage-41dc4.jpeg
空港までのタクシー代とベッドメイキングの
チップ合わせて2,000円を残して
pesoを使い切る
posted by Febrero at 09:29| Comment(0) | 北アメリカ

Last Day

その後国立人類学博物館、メトロポリタンカテドラル、国立美術館を廻ってメキシコ終了image-009f3.jpeg
国立美術館
image-241b5.jpeg
上の写真巨大な庇を噴水の柱一本で支えている
地震無いんでしょうね。
image-9b977.jpeg
昔のメキシコシティはアステカ王国時代、湖の上に浮かぶ巨大都市、そして悪代官スペインが王国を滅ぼし、なんと湖を埋めてしまったそうです。兎に角やる事無茶苦茶
image-39ab9.jpeg
マヤ時代の遺跡
image-ae6e2.jpeg
顔の部分はエメラルド?
多分大半の金銀財宝はスペインが持って帰ったんでしょうね
image-10ff4.jpeg
カテドラル内部、ミサをやってました
image-c93ba.jpeg
右手が国立美術館
posted by Febrero at 07:48| Comment(1) | 北アメリカ

Casa de Luis Barragan

10:30分に行くと、昨日来た日本の建築家の方ですよね〜?此処はバラガンの弟子達が維持管理している世界文化遺産、熱心な信者の女の子が約1時間半英語で案内してくれた。約40年間住宅兼アトリエとして、「綺麗な」お手伝いさんと2人で住み、生涯独身だったそうです。兎に角神経質で人嫌い、建築家としては素晴らしいが、人間としては???だったみたいです。確かに素晴らしいデザインだけど、自分自身のライフスタイルにこだわり彼自身の為だけの家、住むんだったら、昨日見たヒラルディ邸。
image-6f311.jpeg
外壁は城塞の様、中庭から自然光を
取り入れるデザイン
image-57656.jpeg
管理事務所の待合室、コッソリパチリ
写真は何枚撮っても3,000円
7人居たけど、誰も払わず、ネットに有る?
image-b2655.jpeg
これが住宅の玄関、まあこだわりの極み
image-1647f.jpeg
屋上のパティオ、案内の女の子が
誰も居ないから内緒で撮って良いですよ〜
本当楽しかった、もうちょっと建築やろうかなって気にさせてくれた。
posted by Febrero at 07:22| Comment(0) | 北アメリカ