2016年07月03日

Luis Barragan

建築家ルイスバラガンの自邸、見学には予約が要るというのでHPを見るが数日後まで空きが無い、駄目元で日本から来たからお願いとメールを出すが案の定返事はない。近くにも他の作品が有るので、取り敢えず行ってみた。やはり予約が無いと駄目と言われるが、必死にお願いすると、エマニュエルというマネージャーのお兄さんが、明日の10:30からなら特別に案内すると言われた、遠いけど又来るかなあ〜?!image-1022f.jpeg
Casa Gilardi
バラガンの作品のひとつ、個人が住んでいる。
1,800円払えば寝室のある3階以外は見せてくれるという。オリジナルのまま住んでいるそうだ、おばちゃんが流暢な英語で自慢げに説明してくれたが、自慢するだけの事はある、もう芸術だね。
image-0a6b3.jpeg
何故内部写真が1枚しか無いか?
おばちゃん曰く、5ショットで3,000円、ふっかけるなあ〜、もう犯罪に近い値段。
しかしあまりにも素晴らしいので、1ショットだけなら幾らだと聞いたら、幾らなら出せるという、もう泥棒だね、結局900円になりました
写真はパティオに繋がる室内プール、高原のメキシコシティだから良いけど、日本だったらカビだらけ?!無粋にも水何回替えるの?って聞いたら、替えないそうです。
たしか1978年建築って言ってたかな?
目の保養になりました。
posted by Febrero at 08:15| Comment(0) | 北アメリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。