2016年02月15日

Dubai



IMG_5005.JPG
関空から11時間かけてドバイに着く
飛行機からターミナルまでバスだが
何故か30分以上走りまわる
ISに拉致されるんじない?って
パリへ乗り継ぐ女の子に言ったら
マジで不安そうだった、そんなことは無く
1時間待ちでカサブランカ行きに
トランジット、自宅からだと既に19時間 
後8時間でやっとカサブランカ
そこから休まず電車でマラケシュ
多分自宅から宿まで35時間かかると思う。
posted by Febrero at 23:31| Comment(0) | モロッコ2016

2016年02月14日

Kansai Airport

関空に早めに着いて搭乗を待つ
ドバイで乗り換えカサブランカ
そこからマラケシュまで電車で直行
多分南米より遠いと思う。

IMG_5004.JPG
旅の達人からどうしても持って行けと
渡された空気枕、暇なのでもう膨らませた。


posted by Febrero at 21:55| Comment(0) | モロッコ2016

2016年01月27日

満天の星空が見たい

モロッコ一周強行旅程飛行機
途中で変更するかもしれない顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

2-14  福井−関空
2-15  ドバイ-カサブランカ–マラケシュ泊
2-16  マラケシュ泊
2-17  マラケシュ−ワルザザート泊
2-18  ワルザザート–メルズーガ大砂丘泊
2-19   メルズーガ –フェズ泊
2-20  フェズ–シャウエン泊
2-21   シャウエン–カサブランカ泊
2-22  カサブランカ
2-23  ドバイ-関空−福井

2-15日〜2-23火  7泊10日


FullSizeRender.jpg
posted by Febrero at 23:00| Comment(0) | モロッコ2016

2013年02月05日

02-05 Miami

写真.JPG
旅行中の食生活
ボリビアでは疲れと体調不良で食欲なし
チリからは、朝はホテルでしっかり食べて、昼は疲れと暑さで食欲なし
クレープかアイスクリームで終わり
夜はシャワーを浴びると食欲が戻り、肉とビール
せっかくチリ、アルゼンチンとワインの名産地なのだが
蒸し暑くて毎回ビール、一度もワイン飲みませんでした
約3週間、歩き回って、いろいろ神経使って?
2-3kgぐらい痩せた?やつれた?感じ、2-3日ですぐもどりそうですが
痩せたい方は、南米3週間一人旅をお勧めします

マイアミでシカゴ行の飛行機待ってます、成田へのトランジットが
1時間ちょっとなので、次は成田かな?
posted by Febrero at 21:36| Comment(1) | 南米2013

02-04 São Paulo

写真.JPG
期せずして、建築探訪の日となったがこれも美術館と同じ設計じゃないかな?
やっと時間潰して、サンパウロ空港のラウンジで飛行機待ってます
マイアミまでエコノミーで8時間半の缶詰
シカゴ、成田、小松と、まだまだ先は長い
東京の雪が心配だ
posted by Febrero at 09:07| Comment(0) | 南米2013

02-04 São Paulo

写真.JPG
マイアミへのフライト23:30まで時間を持て余す
郊外のラテンアメリカ記念公園の図書館で一休み
ここは涼しくてしかもWi-Fi無料
Yahooでニュースをみると、なんと帰国の6日は
東京入りの2月14日なみの降雪で、交通混乱必至とある
なんでまたなの?成田から羽田、間に合わないかもしれない
posted by Febrero at 04:27| Comment(0) | 南米2013

2013年02月04日

02-03 São Paulo

写真.JPG
すき家を見つけた
吸い込まれるように足を踏み入れ、カレーライスを注文
日本では入ったことがないので、比較できないが
米はちょっとちょっとだが、まあこんなもんでしょう
しげしげと地下鉄の中で観察したが、ブラジル人は、ほぼ100%
中年になると肥満になる、それもビヤ樽のような見事さである
体質なのか、食生活なのか分からないが、若い綺麗な女性を見ても
将来を想像すると、テンションが下がる
posted by Febrero at 08:37| Comment(0) | 南米2013

02-03 São Paulo

写真.JPG
ヘプブリカ広場でのデモ
音楽を大音響で鳴らし、車道を占領して練り歩く
アルゼンチンでもそうだが、至る所で警官が目立つ
それにしても、またもやATMが無い、明日は新市街地に行ってみよう、文無しは辛い
posted by Febrero at 08:22| Comment(0) | 南米2013

02-03 São Paulo

写真.JPG
サンパウロのダウンタウンを、地図を片手に歩き回るが
道路がグニャグニャ入り組んでGPSで確認しないと、すぐ道に迷う
写真のカテドラル・メトロポリターナ辺りはまだ良いが
セントロのヘプブリカ広場へ向かう道は、日曜日のせいか
人通りが少なく、浮浪者やちょっと目が飛んでる人がチラホラ
不気味なので、帰りは地下鉄を乗り継いでホテルに帰った
posted by Febrero at 08:15| Comment(0) | 南米2013

02-03 São Pauro

写真.JPG
やはりブラジルも物価が高い、空港からの市内まで
タクシーで5,000円弱、時間が有るのでバスと地下鉄を乗り継ぐ
約1,800円、差額でご飯が2回食べられる。
ホテルにチェックインするが、予約が入ってないと言われる
これで2回目、メールのバウチャーを見せても面倒臭そう
チーフマネージャークラスだとそうでもないが、仕事の意識は低い
どの職種をみても、どうも南米の都会は好きになれない
豊かになると人は向上心が無くなるのかもしれない
posted by Febrero at 04:28| Comment(0) | 南米2013

2013年02月03日

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
魚にしようと思ったけれどまたもや肉、ブラジルの代表的料理、シュハスコ
食べ放題で、ウェイターが牛、豚、鳥の各部位のバーベキューを
次々とテーブルまで切り分けにくる
最初は、あれもこれもと切り分けてもらうが
食べる方が追いつかない、ワンコそば状態

明日はお昼からサンパウロへ、一泊して4日夜にはマイアミへフライト
シカゴ経由で、成田には6日の夕方着、大急ぎで羽田に行き、最終便で小松
posted by Febrero at 07:48| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
滝の上流はこうなってます
向こうに見える水煙が滝
posted by Febrero at 06:10| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
遊歩道や展望台がうまく配置され、短時間で満喫できる
アルゼンチン側、ブラジル側、まあどっちも行くべきでしょうな!
posted by Febrero at 06:07| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
あまり期待していなかったが、なかなかのもん
全景を見渡せ、滝の巨大さが実感できる
アルゼンチン側は荒々しさ、ブラジル側は荘厳という印象
posted by Febrero at 06:03| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
お金が無い
ホテルにチェックイン後、両替に街に出るが、両替屋もATMも皆無
ホテルにも無い、皆イグアスの滝に行けば有ると言うが、バス代もない
そこで土産物屋で頼み込んで、手持ちのアルゼンチンペソを
ブラジルレアルに闇で両替、2,500円分ゲット
確かイグアス国立公園の入場料が2,000円、1番安い市バスが往復300円
もしATMが無くてクレジットカードが使えなくても滝観て帰って来れる算段
市バスはエアコン無くて暑い、喉はカラカラの40分
さすが観光地のイグアスの滝、ATM有りました、ど貧民から富豪?に復活
写真のお姉さんは車掌さん
posted by Febrero at 05:54| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
アルゼンチンイグアスからブラジルイグアスに行くのは
ちょっとややこしい、バスターミナルに停まっている
フォスドイグアス行のバスの中で切符を買い、出発
アルゼンチンのイミグレーションで皆バスを降りて、出国
その間バスは待っていてくれる。次はブラジルのイミグレーション
何も言わないと、そのまま通り過ぎてしまうので、降ろしてもらって
入国審査を受ける、バスは待ってくれないので、次のバスを待つ
というわけで、国境越えてバス待ってます
posted by Febrero at 05:30| Comment(0) | 南米2013

2013年02月02日

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
今日は炎天下歩き回りバテバテで、昼ご飯はアイスクリーム2本
夜はシャワー浴びてスッキリしたら食欲戻りました
またもや牛肉の炭火焼、300g以上ありますが
脂身がなくサッパリ、軽くいけました
明日は巨大なまずスルビを食べてみたい
posted by Febrero at 09:21| Comment(0) | 南米2013

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
イグアスは観光地であるが異様に物価が高く、しかもインフレである
空港からのタクシーは本年度版のガイドブックによると正規料金は約2,200円
現実は2,800円、そのタクシーの運ちゃんがイグアス国立公園入場料は
2,200円と言っていたが、3,000円に値上がりしていた
バスに至っては往復330円のはずが、なんと4倍の1,320円
ブラジルはどうなんでしょう?
posted by Febrero at 07:45| Comment(0) | 南米2013

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
朝8時45分の飛行機で、プエルトイグアスへ飛び
ホテルに荷物を預けて、まずはアルゼンチン側からイグアスの滝を観る
通称悪魔の喉笛、展望台からでも、水煙が舞ってずぶ濡れ
凄いことは凄いが、まあこんなもんかあ〜って感じ
posted by Febrero at 07:27| Comment(0) | 南米2013

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
スピードボートに乗って滝壺に突っ込む
水圧が凄くて目を開けていられないのでメクラ滅法シャッターを押す
もちろん完全防水カメラ、しぶきがかかるというよりも
バケツで水をぶちまけるという感じ、カッパでは用をなさず
水着着用が必須
posted by Febrero at 07:27| Comment(0) | 南米2013