2013年02月04日

02-03 São Pauro

写真.JPG
やはりブラジルも物価が高い、空港からの市内まで
タクシーで5,000円弱、時間が有るのでバスと地下鉄を乗り継ぐ
約1,800円、差額でご飯が2回食べられる。
ホテルにチェックインするが、予約が入ってないと言われる
これで2回目、メールのバウチャーを見せても面倒臭そう
チーフマネージャークラスだとそうでもないが、仕事の意識は低い
どの職種をみても、どうも南米の都会は好きになれない
豊かになると人は向上心が無くなるのかもしれない
posted by Febrero at 04:28| Comment(0) | 南米2013

2013年02月03日

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
魚にしようと思ったけれどまたもや肉、ブラジルの代表的料理、シュハスコ
食べ放題で、ウェイターが牛、豚、鳥の各部位のバーベキューを
次々とテーブルまで切り分けにくる
最初は、あれもこれもと切り分けてもらうが
食べる方が追いつかない、ワンコそば状態

明日はお昼からサンパウロへ、一泊して4日夜にはマイアミへフライト
シカゴ経由で、成田には6日の夕方着、大急ぎで羽田に行き、最終便で小松
posted by Febrero at 07:48| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
滝の上流はこうなってます
向こうに見える水煙が滝
posted by Febrero at 06:10| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
遊歩道や展望台がうまく配置され、短時間で満喫できる
アルゼンチン側、ブラジル側、まあどっちも行くべきでしょうな!
posted by Febrero at 06:07| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
あまり期待していなかったが、なかなかのもん
全景を見渡せ、滝の巨大さが実感できる
アルゼンチン側は荒々しさ、ブラジル側は荘厳という印象
posted by Febrero at 06:03| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
お金が無い
ホテルにチェックイン後、両替に街に出るが、両替屋もATMも皆無
ホテルにも無い、皆イグアスの滝に行けば有ると言うが、バス代もない
そこで土産物屋で頼み込んで、手持ちのアルゼンチンペソを
ブラジルレアルに闇で両替、2,500円分ゲット
確かイグアス国立公園の入場料が2,000円、1番安い市バスが往復300円
もしATMが無くてクレジットカードが使えなくても滝観て帰って来れる算段
市バスはエアコン無くて暑い、喉はカラカラの40分
さすが観光地のイグアスの滝、ATM有りました、ど貧民から富豪?に復活
写真のお姉さんは車掌さん
posted by Febrero at 05:54| Comment(0) | 南米2013

02-02 Foz do Iguazu

写真.JPG
アルゼンチンイグアスからブラジルイグアスに行くのは
ちょっとややこしい、バスターミナルに停まっている
フォスドイグアス行のバスの中で切符を買い、出発
アルゼンチンのイミグレーションで皆バスを降りて、出国
その間バスは待っていてくれる。次はブラジルのイミグレーション
何も言わないと、そのまま通り過ぎてしまうので、降ろしてもらって
入国審査を受ける、バスは待ってくれないので、次のバスを待つ
というわけで、国境越えてバス待ってます
posted by Febrero at 05:30| Comment(0) | 南米2013

2013年02月02日

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
今日は炎天下歩き回りバテバテで、昼ご飯はアイスクリーム2本
夜はシャワー浴びてスッキリしたら食欲戻りました
またもや牛肉の炭火焼、300g以上ありますが
脂身がなくサッパリ、軽くいけました
明日は巨大なまずスルビを食べてみたい
posted by Febrero at 09:21| Comment(0) | 南米2013

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
イグアスは観光地であるが異様に物価が高く、しかもインフレである
空港からのタクシーは本年度版のガイドブックによると正規料金は約2,200円
現実は2,800円、そのタクシーの運ちゃんがイグアス国立公園入場料は
2,200円と言っていたが、3,000円に値上がりしていた
バスに至っては往復330円のはずが、なんと4倍の1,320円
ブラジルはどうなんでしょう?
posted by Febrero at 07:45| Comment(0) | 南米2013

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
朝8時45分の飛行機で、プエルトイグアスへ飛び
ホテルに荷物を預けて、まずはアルゼンチン側からイグアスの滝を観る
通称悪魔の喉笛、展望台からでも、水煙が舞ってずぶ濡れ
凄いことは凄いが、まあこんなもんかあ〜って感じ
posted by Febrero at 07:27| Comment(0) | 南米2013

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
スピードボートに乗って滝壺に突っ込む
水圧が凄くて目を開けていられないのでメクラ滅法シャッターを押す
もちろん完全防水カメラ、しぶきがかかるというよりも
バケツで水をぶちまけるという感じ、カッパでは用をなさず
水着着用が必須
posted by Febrero at 07:27| Comment(0) | 南米2013

02-01 Puerto Iguazu

写真.JPG
水量が多く水煙のため、何時でも何処かに虹が架かる
posted by Febrero at 07:22| Comment(0) | 南米2013

2013年02月01日

01-31 Buenos Aires

写真.JPG
レティーロ駅、1915年築の駅舎
何故か南米では鉄道が発達しない、現在ではほとんどの路線が廃止
posted by Febrero at 04:41| Comment(0) | 南米2013

01-31 Buenos Aires

写真.JPG
ホテルの朝ご飯をしっかり食べて、昼までゆっくり休む
午後からはダウンタウンをくまなく散歩、疲れたらカフェでアイスクリーム
1858年創設の市内最古のカフェ.トルトーニ、イタリアやフランスの雰囲気
今の季節、とにかく蒸し暑い
posted by Febrero at 04:33| Comment(0) | 南米2013

01-31 Buenos Aires

写真.JPG
一つの扉に南京錠が四つ
posted by Febrero at 04:33| Comment(0) | 南米2013

01-31 Buenos Aires

写真.JPG
アルゼンチンは物価が高い、日本より高いと感ずる
しかも街が汚なく、人の仕草も乱暴、警官が多い、察するに財政難且つ治安が悪い
パトカーはお茶目だが、住むならサンチャゴかな!
posted by Febrero at 04:18| Comment(0) | 南米2013

2013年01月31日

01-30 Buenos Aires

写真.JPG
ブエノスアイレスに戻った
ネットで交通の便の良い四つ星ホテルが安く取れた
二連泊なので、疲れた身体を休めて
明後日からのイグアスに備える
ほんとにボリビア先に廻って良かった
今からじゃ、到底アンデスの山越えは無理です
posted by Febrero at 09:31| Comment(0) | 南米2013

2013年01月30日

01-30 El Calafate

写真.JPG
ホテルをチェックアウトして、ブエノスアイレスへ戻る飛行機の時間まで
フラミンゴの生息地二メス湖で朝から黄昏る。
後一週間で旅も終わる、イタリア人なら、まだ一週間もあるだが
私はバリバリのマイナス思考の日本人なのて、もう一週間しかないである。
posted by Febrero at 23:22| Comment(0) | 南米2013

01-29 El Calafate

写真.JPG
以前に述べたが、ボリビア、チリ、アルゼンチンと豊かさと比例して
男女ともウエストサイズも増大している、まるでUSAをみるよう
飲食店は、ピザ、肉、ハンバーグ、ピザとハイカロリー、高脂肪化である
そういえば私もこのところ肉のオンパレードで野菜不足
今日の晩御飯はトゥルーチャ(河ます)のサルサソース、ラパスのレストランより美味であった
posted by Febrero at 09:34| Comment(0) | 南米2013

01-29 Glaciar Perito Moreno

写真.JPG
氷河の氷でつくったバーボンのオンザロック
この後も歩いて帰らないといけないので、氷河の溶けた水で水割に変更
水は、ものすごい透明度ですっきりした味
posted by Febrero at 07:11| Comment(0) | 南米2013